入れ歯治療を考えるならインプラントを

最近では、インプラント治療も一般的なものとなってきました。インプラントとは、歯の抜けた所に人口の歯根インプラントをはめ込み、その上に人口の歯を取り付ける治療です。従来では、抜けた歯を部分入れ歯にして、金具によって取り外すものでしたが、残っている歯に負担がかかり、少しずつ減っていってしまうことがあります。また、口の中での違和感があり、しっかりと噛むことができません。その点、インプラントでは、残っている歯の負担が軽減され、しっかりと噛むことができるようになります。インプラント治療は保険の対象外となっているため、高額な費用となりますが、医療費控除の対象となるため、少しずつ浸透してきました。インプラント手術も1時間ほどで受けることができ、手軽です。ただし、インプラントはあくまで人口なので、だいたい寿命は10年といわれています。また、口内環境によって、寿命が短くなる場合があります。入れ歯治療を考えるならインプラントをおすすめします。

none